ファーストステップ

HOME» ファーストステップ »障がい者向け就活準備(自分に何ができるか?)

ファーストステップ

障がい者向け就活準備(自分に何ができるか?)

精神障がい者向け就活準備

障がいをお持ちの方は、就職や転職に対して多くの不安があると思います。初めて就職活動をする方の不安はとりわけ大きく、どうやって就職活動をすれば良いかわからないと悩む方や実際に就職活動を始めてみたものの採用が決まらなかったり、本当に今のままでいいのだろうかと悩んでいる方は多くいると思います。

障がいをお持ちの方への就職活動を支援しています。セミナー・無料相談にご参加ください。

 

始めて就職活動に向かう方には、

セミナーを通してまずは働く事への理解を深めてもらいます。

  • 働くとは?
     
  • 働くために必要な生活習慣
     
  • 社会人としてのマナー(挨拶・態度・言葉遣い・みだしなみ等)
     
  • 職場のコミュニケーション

 

■無料相談では、

無料相談

一般就労だけでなく、障害者枠での就労についても選択肢の一つとしてご提案させて頂きます。その上で専門のアドバイザーが,職業・企業選択などをアドバイス致します。

年収・勤務地・業界・仕事内容など、さまざまな希望のうち優先順位が高いものはどれかアドバイザーと共に検討していく事から転職活動はスタートします。

無料相談ではプロフィールシートを作成して頂き、スキルや特性について共に整理し、ご自身の強み・弱みや働きやすい職場環境についてアドバイザーと話し合いながら、就職先のイメージを具体化していきます。

 

■応募書類 (履歴書、職務経歴書)の作成サポート

書類作成

アドバイザーによる履歴書や職務経歴書の作成をお手伝いします。セミナーでは応募書類の基本を身につけたりできます。無料相談では、これまでの職務を振り返り、ご自身の強みとなるアピールポイントを具体化していきます。さらに転職後のご自身のキャリアイメージについても明確にイメージできるようにしていきます。

また、企業の視点について知り、自己分析を重ねながら企業のニーズとマッチングしやすいような履歴書や職務経歴書を仕上げていきます。

障害者枠での就職活動を提案させて頂く場合は、仕事を行う上での配慮点についてもご自身の特性等から明確にし、企業からどの様なサポートが必要なのか共に考えていきます。

 

■採用面接のサポート



就職活動中の方が最も心配されるのは企業との面接についてです。面接に対してはまずは基本をしっかりと踏まえているかが大事です。

面接前に、その企業のホームページをじっくりと調べる、あらかじめ面接で聞かれそうな事は答えを用意する。面接場所までの道順を調べておく等の基本的な準備がまずは必要です。

面接対策としては、練習も必要となります。こちらでのセミナーでは模擬面接としてアドバイザーが面接の時の態度や表情、答え方等についてアドバイスします。

また、障害者枠での就職を希望される方については、障害者枠採用での面接での質問事項についてアドバイスしますので、しっかりと受け答えが出来るようにしていきます。

実際の面接で困らないように、模擬面接で自信をつけてから本番の面接にのぞみましょう。

 

■入社後のサポート

入社後のサポート

初めて転職される方は、就職活動だけでなく、採用が決まって入社した後の心配や不安もあります。初めての職場で初めて会う人達と仕事を一緒にしていく事は緊張や精神的な負荷もあります。

障害者枠での採用ならば周囲のサポートを得て、新しい職場という環境の変化にも対応していきやすいかと思います。

長くお仕事を続けていくには、相談のスキルは欠かせません。精神障がいのある方で周囲に相談できずにため込んでしまい、休職や離職に追い込まれる方も少なくはありません。社内外に関わらず、ちょっとした事でも相談できる人がいる事はお仕事をしていく上でも大事になります。

働く先の職場でちょっとした事で話せるような環境づくりもリエンゲージメントのサポートの一つです。

 

リエンゲージメントでは、精神障がいのある方の就職活動のサポートから採用されて入社した後も一貫してサポートを行います。

就職の事で困った事や心配な事があれば、まずはご相談して下さい。


個別相談会はこちら セミナーはこちら